美容クリーム

美容クリームで潤い対策!乾燥肌と戦うアラサースキンケア倶楽部
会社やバイト、パート前の乾燥肌対策のクリームやゲルなど簡単で効果のあるスキンケアといえば?美容クリームで潤い対策!美容液でしっとり、美白でしみ、しわ、くすみにサヨナラ!乾肌と戦うアラサースキンケア倶楽部
TOP PAGE > 洗顔を終えたばかりの10秒間は実は肌にとって大

LastUpdate:2017/11/23

洗顔を終えたばかりの10秒間は実は肌にとって大

洗顔を終えたばかりの10秒間は実は肌にとって大変大事な時間だということをご存知でしょうか。

シャワーを浴びたり、お風呂から出た後、きっちり洗顔を済ませた後の肌というのは、乾ききった砂漠のような状態だと考えてください。

短いけれど、大切なこの10秒間に肌に何もしないのは大変惜しいことですし、貴重な時間を無駄にしているのですから、それも肌へのダメージではないでしょうか。

顔を洗った後は、タオルでゴシゴシなんてことは止めておいて、さっと水気がとれたら、肌にたっぷりと化粧水を吸わせてあげてほしいです。

アラサーと言い続けて5年、ついに私の顔にもシミが目立つようになってきたんです。原因はわかっています。

日焼けによる紫外線のダメージです。

靴をはけるまでに成長した子供とほとんど毎日、公園に行き、子供の大好きな遊具や砂遊びでご機嫌な時間を過ごします。

子どもの身支度もするので、まあいいかと若さゆえの根拠のない安心感でそのまま出かけてしまっていました。

でも、いくら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。

後悔先に立たずですから。

水やお茶で毎日2リットルの水分を摂ると健康に役立ちます。お肌の内側からも、水分を補給しなければなりません。

水分が不足するとお肌の血行も悪くなり、老廃物が分解・代謝されなくなりくすみが目立つ原因となります。

それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、くすみも小じわもほうれい線も目立つ結果になるので、常日頃から水分不足には気をつけてください。

一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、ホルモンバランスの乱れがお肌にシミをつくる原因の一つであるということはあまり知られていません。

ひとつ例を挙げるとしたら、この頃になってCMなどの効果もあって世間に名を知られた「肝斑」です。

ホルモンバランスの乱れが引き起こすシミとして知られているのが、この肝斑になり、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが一般的に言われています。

また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、紫外線が原因のシミよりも治すことが難しいという点が特徴として知られています。スキンケア中にふと鏡を見てちょっとしたことを考えつきました。

肌が柔らかい状態でいる場合しわってあまりできないのかもしれない、ということです。

年々深まる目の周りのじわやほうれい線がこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていたわけですが、しばらく前から炭酸パックを始め、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃にはしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうか。シワがどうしてできるのかというと、原因としてはまず、大きいのは乾燥です。部屋のエアコンの空気にさらされていたり汗をかいたことで皮膚の保湿成分が一緒に流れてしまったりした時にはことさら注意するべきでしょう。肌の乾燥を防ぎたいのなら、ひんぱんに保湿をすることが乾燥によるシワを防ぐためには大事なことです。

こういう時にスプレータイプの化粧水は便利です。持ち歩いてこまめにひと吹きすると良く、また、激しい運動の後などは、大量の汗をかいていますから、すぐに保湿が必要となります。

シミなどのお肌の悩みが年をとるとともに多くなっていくのは、がっかりするものです。若い人の肌が目に入ってしまうと、輝くばかりにきれいで、化粧ノリの良さに羨望の眼差しで見てしまいます。今この時からでも若い肌を保ち続ける努力をして、なんとしてもシミの増加を阻止しようと思っています。シミになる原因といえば、UV対策の怠りや加齢によることが多いと聞くので、UV対策とエイジングケアを心がけます。正しいスキンケアを行うには自分の肌の状態を理解し、方法を変えなければなりません。

ずっと同じやり方で、お肌をお手入れすればそれで大丈夫というわけではありません。乾燥気味のお肌が求めているのはさっぱりしたケアよりしっとりとした保湿だったり、お肌の状態に影響しそうな生理前などの体の状態に合わせ低刺激のケアをおこなうという感じに変化させていくことが必要なのです。そして、季節も変われば肌の状態も変わっていくので、ケアの方法も方法を使い分けることもお肌のためなのです。

スキンケアといえば、保湿剤を使用したり、適度なマッサージをするということも大切です。しかし、体の中からケアしてあげることも実はもっと重要なのです。

不規則な食事や睡眠、喫煙といったことは、どんなに高価で優れた化粧品でも、充分に活かすことができません。

食事等の生活習慣を改善することで、肌を体の内部からケアすることができます。

私たちの身体には、全身くまなく血管が走っていて、肌にもむろん、毛細血管が網羅しています。毛細血管は、皮膚組織内に存在するあらゆる細胞に、酸素や栄養、水分を送り届けるための通り道で、細胞から出た老廃物を運び出す道筋ともなるのです。大事な毛細血管なのですが、喫煙によって収縮を起こしてしまいます。そのため、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になります。

表皮に栄養がいかなくなれば、表皮は当然弱くなり、本来持っているバリアとしての役割が果たせなくなり、表皮に守られているべき真皮も、ダメージを受けて弱り、その働きを弱めます。

結果として肌の弾力や張りは少しずつ消えてしまい、シワ、たるみが増えるわけです。

喫煙は、みずみずしい肌のためにはおすすめすることができません。お肌のシミについては、ご家庭でのスキンケアによっても多少は改善することも可能でしょう。

でも、シミを完全に消してしまうことは困難な事です。

でも、まだ方法はあります。

例えば、美容外科ならば奇麗に除去できます。

シミの改善に悩んでいたら、専門医に相談してみることをオススメします。今では、カウンセリング無料のクリニックも多くなりました。

重曹を洗顔石鹸に混ぜて使うと、汚れがキレイに落ちて、シミも薄くなってきたみたいという声がネットで広まっていますが、注意しないとお肌が傷ついてしまう危険性もあります。精製のレベルによって重曹は、掃除や洗濯用、食品用、薬品用などが存在します。

もし食品用の重曹であっても洗顔の際に使うには粒子が荒いため、あまり力を入れて洗わないようにしましょう。

洗顔後は化粧水などでお肌をケアし、充分な保湿を心掛けることが大切です。

スキンケアで一番大事なことは余分なものを落とすことです。

メイクによる肌の汚れをきちんと落とさないとそれが原因で、肌のトラブルが起こってしまうでしょう。しかし、洗う際に力が強すぎると、必要以上に肌の皮脂を取り除く結果になってしまって、肌荒れの原因になってしまいます。

また、洗顔は適当に行うものでなく、肌にとって一番いい方法で行って下さい。

かさつく肌の場合、スキンケアが非常に重要になります。

間違ったスキンケアは症状を悪化させるので、きちんとした方法を理解しておきましょう。第一に、洗いすぎることは絶対、禁物です。

皮膚のべたつきが気になるからといって同じ日に何度も何度も顔を洗ってしまうと素肌が乾燥してしまいます。反対に皮膚の分泌量が多くなってしまうので、朝夜2回で十分です。

かゆみのある時に肌を強く掻いてしまったり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、そういったことでも肌は薄くなっていくそうです。というのも、肌の一番外側に位置する表皮はとても薄い層がいくつも重なってできており、外傷や摩擦によって、この表皮の層は次々と減っていくことになります。

表皮は皮膚のバリアです。

バリアが薄くなるとその下の真皮までダメージが届く可能性が高まります。

真皮までダメージを受けてしまうと、真皮は肌を支える力を失って、シワやたるみが起こってしまうという訳です。シミでお困りの女性にぴったりの飲み物は赤く爽やかな味わいのローズヒップティーです。レモンの何十個分ともいわれる肌トラブルに効くビタミンCがたっぷりでくすみ、シミの元を体の内側からなくし、アンチエイジングの女王コラーゲンが活性化するというのですからシミやくすみの予防をし、くすみのない肌になります。

体の内側の酸化の対抗力にも優れていて、肌の酸化防止にも有効です。

しわ取りテープという商品をご存知でしょうか。

貼るだけで顏のしわを取ってくれるというこのしわ取りテープなのですが、テレビで少し前にコスメ関連全般に造詣が深いとされる芸能人によって絶賛されており、その芸能人自身も使っているということでした。顏のしわを伸ばしてテープを貼り付け、しわの矯正をするという趣旨の商品のようで、貼っている時は顔が引き締まってる感覚がなかなか良く感じるようなのですが、だからといって長い時間貼り続けているのは、肌に良いわけはなく、赤みやかゆみ、酷くなると湿疹などを起こす人がいてもおかしくありません。しわ取りテープを使ってみたら次々トラブルに見舞われた!なんてことにならないために、使い方には注意が必要です。潤いが不足する肌は、一日一日の丁寧な洗顔とその後の潤いを逃がさないようにする手入れを正確なやり方をすることで、より良くすることができます。お化粧をしない日はないというあなたには、化粧落としから改めてみましょう。メイク落としで気をつける点は、メイクをしっかり落として、それと同時に、肌にとって余分ではない角質や皮脂は取り去らないようにすることです。

エステはシェイプアップだけではなくスキンケアとしても利用できますが、その効果は気になりますね。

プロの手によるハンドマッサージや自分ではなかなかうまくとれない毛穴の汚れをキレイにして血の巡りもよくなりますから若さの秘訣・新陳代謝もよくなるでしょう。肌の調子が以前よりいい感じになったと答えています。

関連する記事はコチラ

◎メニュー

◎メニュー

2007 美容クリームで潤い対策!乾燥肌と戦うアラサースキンケア倶楽部 All rights reserved.