美容クリーム

美容クリームで潤い対策!乾燥肌と戦うアラサースキンケア倶楽部
会社やバイト、パート前の乾燥肌対策のクリームやゲルなど簡単で効果のあるスキンケアといえば?美容クリームで潤い対策!美容液でしっとり、美白でしみ、しわ、くすみにサヨナラ!乾肌と戦うアラサースキンケア倶楽部
TOP PAGE > 肌のシミと聞くと、真っ先に紫外線の影

LastUpdate:2017/11/23

肌のシミと聞くと、真っ先に紫外線の影

肌のシミと聞くと、真っ先に紫外線の影響が考えられますが、シミに大きな影響をもたらすもう一つの原因がホルモンバランスの乱れにあることは知っていますか?その具体例として挙げられるのは、最近になってCMで話題の「肝斑」です。

肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランスの乱れで、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが今や周知の事実です。

他にも、肝斑はピルの服用によっても発症が促されるということが知られていて、紫外線によってできるシミよりも治療面において厄介であるという点が特徴として知られています。

肝臓は、お肌と密接な関係を持っています。肝臓は休むことなく、食事や呼吸によって体内に入った物質や産生された物質を代謝・分解することで、有害な物質を無害にしているのです。この肝臓の働きがうまくいかないと、有害物質が血液中に増えていき、お肌を流れる血液も汚れて、お肌の調子も悪くなります。肝臓を健康に保つことが、血液をキレイにし、お肌を健康にしていくために必要なことなのです。冬になると空気が乾いてくるので、肌の水分も奪われがちです。水分が奪われて肌に潤いが足りないと肌トラブルの要因となりやすいので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。

乾燥による肌荒れやシミ、シワなどを予防するためにも保湿・保水といったケアを念入りなお手入れを心掛けてください。寒い時期のスキンケアのコツは乾燥から肌を守ることが大切です。お肌のお手入れのときには、保湿剤を塗ることや、マッサージをするなどといった外からのお手入れも大切です。しかし、体の中からケアしてあげることも同じくらい、いえ、それ以上に大切と言えます。

食べ過ぎ飲み過ぎや夜更かし、喫煙などが重なると、高価な化粧品の効果を台無しにしてしまい、お肌は綺麗になりません。まずは生活習慣を見直すことが、スキンケアに体の内側から働きかけることができます。女性たちの間で肌のお手入れにオイルを使うという方も最近よく耳にします。毎日のスキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルを使用することで、保湿力アップを期待できます。オイルの種類を選ぶことによっても異なる効果が表れますので、適度な量の、自分のお肌に合ったオイルを探してみてください。

さらに言うと、オイルの質が効果を左右しますし、古いものは使わず、新鮮なものを使うようにしましょう。くすみが目立つ大きな原因として、砂糖など糖分摂取の過剰が挙げられます。

ついお菓子を食べ過ぎてしまうとお肌の外側からいくらケアしてもお肌が黄ぐすみを起こすことがあります。

お肌のコラーゲンが糖と結びつき、その働きが弱められているのではないでしょうか。コラーゲンと糖の結合によって、老化を加速する物質が生じることをコラーゲンが糖化したと考えています。

肌のみならず、全身の老化を進めないよう、甘いものは控えてください。

お肌にできるシミには加齢が原因であったり、紫外線もシミを作る原因の一つですけれど、疾患がシミの原因だったということもあります。もしも、突然シミの増え方が気になってきたというのであるなら、疾患が起こる前触れであったり、また、病気が進んでいる状態かもしれませんから、可能な限り早く医師に相談し、診断を仰いでください。顏のシワには困ったものです。できれば、なんとかできるものなら、したいものです。シワの原因は色々ありますが、要するに老化現象の一種であり、また紫外線も大きく影響しています。

シワ予防には紫外線カット、日焼け止めをちゃんと使い、帽子や日傘などの紫外線カットアイテムで、夏だけでなく一年を通して対策を施し、対策を怠り、日焼けしてしまったら、日にちをおかずに、できればその日のうちにしっかり肌をクールダウンしてあげて、肌に化粧水をたっぷり吸わせて美容液で保湿、シミやシワ、肌の乾燥を防ぎましょう。こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングにもつながります。

スキンケアは念入りに行う方なのですが、その最中にちょっとしたことを考えつきました。肌が柔らかい状態でいる場合しわもなかなかできにくいのではないでしょうか。

目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線はどうしようもないと思いつつ、悩みの種だったのですが、ちょっと前から炭酸パックを試していて、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃にはしわがあまり目立たなくなってきたように思います。炭酸パックがしわに効いたのかもしれないと勝手に思っています。

いよかんやみかんなど、柑橘類はビタミンを手軽に摂れるので、シミのない美肌をつくリ出すために食べてほしいものの一つです。

ただ、食べ方には注意しましょう。紫外線の刺激を受ける前にたくさん食べると、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が光や紫外線を敏感に受け止める働きをして、かえってシミができやすいお肌になってしまいます。

美肌やシミ予防を考えて、紫外線を浴びない夜に食べましょう。乾燥肌の方でスキンケアで忘れてはならないことはお肌の水分を保つことです。

それに、皮脂を完全に落とさないということも重要なことです。必要以上にクレンジングや洗顔料を使って皮脂を落としすぎてしまうと肌はますます乾燥します。

顔を洗うときのお湯の温度は必要以上に熱いのはNGです。それに、保湿だけに留まらず、自分の洗顔はこれでいいのかと振り返ってみてください。

その効果は気になりますね。

うるおいをキープします。お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。シミの正体は、肌の細胞内に生成されたメラニンという色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。肌のターンオーバーを促進することでシミを目立たなくしやすいのですが、市販のピーリング剤によってお肌の古い角質を取り除くと、さらに効果がアップします。ただ、過度なピーリングは肌に負担をかけてしまうでしょう。

たとえば、同じくらいの紫外線を浴びたとしても、その結果、肌にできてしまうシミはその人の肌の性質によって違います。簡単にいえば、シミになりやすい性質の肌があるわけです。詳しくお話ししますと、色が白くて、きめの細かく整った、いわゆる美肌です。見分け方についてですが、日焼けによって赤くなってしまうタイプの人です。美しい肌はそれだけ繊細なものです。適量のお酒を飲むと、全身の血行がよくなるので、お肌の血行も良くなります。

酒粕のパックはよく知られていて、くすみのない肌になるそうです。

市販の酒粕を細かくして、ボウルの中で水を加えてペースト状にし、固まりがなくなるようにすりつぶしていきます。小麦粉を適度な固さになるまで混ぜて、全体がなめらかになればパックとして使えます。

ただし、アルコールに弱い方には勧められません。

こんがりと小麦色に焼けた肌は健康的な色気を相手に与えられるものですが、あまり日焼けすると、シミの原因にもなると考える女性も多いでしょう。

シミを避けるのだったら、極力日焼けをしないようにするしかありません。これ以上シミを増やさないために重要な事は、しっかりと日焼止めを塗ることです。あとは、帰宅してからのケア。速やかにローションなどで炎症を抑えてください。

雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひやってみたかった、ファスティングダイエットを試してみると、3キロも減量できたので、ダイエット的には成功です。きれいになりたいという気持ちの強さで、ファスティングのつらい部分も乗り切れたのですが、鏡で自分の顔をよく見てみたら、なんだか、顏だけでなくあちらこちらにしわが増えてるように見えます。しわの急な増加とファスティングが関連があるかどうか確信できませんが、まあ、関連はあってもおかしくありませんから、今のところはとりあえず、肌のお手入れを頑張りたいところです。最も有名なコラーゲンの効果といえば、肌トラブルの改善といえます。

コラーゲンを摂取することにより、自分の体内にあるコラーゲンの新陳代謝の働きを促し、肌の潤いやハリに効果があります。

体の中のコラーゲンが不足すると肌の老化へと繋がるので可能な限り、若々しい肌を維持するため摂取されることをおすすめします。

肌にシワはどうやってできるのでしょうか。

原因なら、大きいのは乾燥です。

エアコンの風にあたっていたり汗をかき、汗と一緒に肌の保湿成分が失われた時は最大限の注意を払いましょう。

では、乾燥を防ぐにはどうするかということですが、それこそ何度でもひんぱんに保湿をすることが大事だとされています。

そういう場合に便利なのがスプレータイプの化粧水です。小さなものを持ち歩いて、思い立ったらひと吹きすると良いでしょう。

それと、運動などで汗をかいたら、その後の保湿を怠らないことです。

関連する記事はコチラ

◎メニュー

◎メニュー

2007 美容クリームで潤い対策!乾燥肌と戦うアラサースキンケア倶楽部 All rights reserved.